厄介/やっかい

厄介の意味

厄介とは、面倒なこと。わずらわしいこと。迷惑なこと。面倒をみること。世話をすること。世話になること。

厄介の由来・語源

厄介の語源には、漢語「厄会」の転で災いの巡り合わせの意味とする説と、「やかい(家居)」や「やかかへ(家抱)」が転じたとする説がある。
厄介は「居候」や「家長の傍系親族で扶養されている者」も表した言葉なので、そこから「世話」や「面倒」の意味が派生したと考えられる。
しかし、世話をしてもらう(面倒なことをしてもらう)から「居候」の意味が生じたとも考えられるため、「厄会」が転じた説も否定し難く、厄介の語源は未詳である。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。