おとぎ話/お伽話/お伽噺/おとぎばなし

意味

おとぎ話とは、大人が子供に聞かせる昔話や伝説。現実離れした架空の

おとぎ話の由来・語源

おとぎ話の「お」は、接頭語の「お(御)」。
おとぎ話の「とぎ(伽)」は、話相手となって退屈を慰めたり機嫌をとったりすることで、側に寄り添う意味の動詞「トグ」に由来する。
現代でこそ、おとぎ話は大人が子供に語って聞かせるものだが、元々は大人に聞かせるもので、貴人の身近に仕えて話をし慰めることを「おとぎ」と言った。
戦国時代から江戸時代には、将軍や大名の側に仕えて話をする「御伽衆(おとぎしゅう)」という役職もあった。
子供に聞かせる話の意味で「おとぎ話」が使われるようになったのは、明治以降のことである。
「おとぎの国」などと言うの「おとぎ」は、「おとぎ話」を略したものであり、現在の意味になってからの表現なので、話をして慰めるといった意味は含まれていない。


TOP