用心棒/ようじんぼう

    意味

    用心棒とは、護衛のために身辺につけておく従者。ボディーガード。

    用心棒の由来・語源

    用心棒は用心のために備えておく、盗賊などから身を守るために身近に用意しておく棒のことで、武器的な役割をする棒をいった。
    転じて、博徒などが警戒のために雇う武芸者を「用心棒」と呼ぶようになり、ボディーガードの意味となった。
    引き戸が開かないよう内側から押さえるつっかい棒も、「用心棒」や「心張り棒(しんばりぼう)」と言ったが、こちらは侵入者を防ぐためのもので、ボディーガードを意味する用心棒の「棒」とは異なる。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。