青天の霹靂/せいてんのへきれき

意味

青天の霹靂とは、予想外のことや事件が突然起こること。「晴天の霹靂」と書くのは間違い。

青天の霹靂の語源・由来

青天の霹靂の「青天」は、雲ひとつない澄んだ青空。
「霹靂」は、突然かみなりが鳴ること。
澄んだ青空に突然かみなりが鳴る意味から、予想外のことが突然起こることを「青天の霹靂」と言うようになった。
青天の霹靂の由来は、中国南宋の詩人 陸游(りくゆう)が『九月四日鶏未鳴起作』の中で、「青天、霹靂を飛ばす」と表現したことによる。
「青天、霹靂を飛ばす」は、病床に伏していた陸游が突然起き上がり、を走らせた勢いをかみなりにたとえたもので、本来、「青天の霹靂」は筆の勢いを表す言葉であった。

青天の霹靂の類語・言い換え

青天霹靂/寝耳に水/寝耳にすりこぎ/降って湧く/足下から鳥が立つ/足下から雉が立つ/足下から煙が出る/藪から棒/窓から槍/飛び出す/飛び出る/番狂わせ/大荒れ/にわか/出し抜け/突然/突如/唐突やにわにいきなりたちまち/卒爾/率爾/不意を打つ/不意を食う/不意を突く/不意を食らう/不意/意表を突く/意表外/意表/意外/存外/想定外/慮外/予想外

TOP