美人局/つつもたせ

美人局の意味

美人局とは、や情婦に他の男を誘惑させ、それを言いがかりにして、その男から金銭をゆすり取ること。なれあい間男。

美人局の語源・由来

美人局は、本来「筒持たせ」と書き、「詐欺」や「インチキ」の意味で用いられた。
「筒持たせ」の「筒」は、男性器もしくは女性器を表す隠語といった説もあるが、元々「つつもたせ」に、女性が誘惑して金銭をゆすり取るという意味はなく、博打用語から出た言葉である。
そのため、筒はサイコロ博打で使う筒のことで、「細工した筒を使う」という意味から、「詐欺」や「インチキ」の意味に派生したと考えられる。

漢字の「美人局」は、近世後期頃からの当て字で、中国の『武林旧事』に見られる犯罪「美人局」のことである。
この犯罪は、元の頃の中国で、娼婦が少年や青年を誘い、後から出てきた男がその娼婦を自分の妻やと偽って、少年から金品を巻き上げたという。
これが日本の「つつもたせ」に通じることから、「美人局」と書いて「つつもたせ」と読むようになったのである。

「美人局」の類語・言い換え

1

2

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。