天下り/あまくだり

    意味

    天下りとは、高級官僚が退職した後、特権的に関連の深い民間会社や団体の高い地位に就くこと。

    天下りの由来・語源

    天下りは、動詞「天下る(天降る)」の連用形の名詞化。
    「天下る」はが天上界から人間界に降臨する意味の言葉で、『万葉集』にも「葦原の瑞穂の国を安麻久太利知らしめしける」と見られる。
    明治時代以降、官庁から民間への強制的な命令を「天下り」と言うようになり、官僚が退職後に民間の高い地位に就くことも言うようになった。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。