依怙贔屓/えこひいき

    意味

    依怙贔屓とは、自分の気に入った気に入った者だけを特別に可愛がったり、肩を持つこと。

    依怙贔屓の由来・語源

    依怙贔屓は「依怙」と「贔屓」が合わさった四字熟語で、江戸時代初期から見られる。
    本来、依怙は「頼ること」「頼りにするもの」の意味であったが、中世頃から「頼りとする者を支援する」という意味でも使われるようになった。
    そこから、一方だけを肩入れする意味に転じ、気に入った者だけを贔屓する意味の「依怙贔屓」が生まれた。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。