対岸の火事/たいがんのかじ

意味

対岸の火事とは、自分には無関係で、なんの苦痛も感じないことのたとえ。「対岸の火災」ともいう。

対岸の火事の語源・由来

向こう岸で起きた火事は、飛び火する心配がない。
そのような火事にたとえて、当事者にとっては苦痛や災難であっても、自分には関係なく痛くも痒くもないことを「対岸の火事」と言うようになった。
「対岸の火事だから自分には関係ない」といった使い方よりも、戒めとして「対岸の火事とせず」「対岸の火事とは考えず」など否定の形で使われることが多い。

対岸の火事の類語・言い換え

対岸の火災/向こう河岸の火事/川向こうの火事/川向こうの喧嘩/川向かいの喧嘩/高みの見物/高みで見物/山門から喧嘩見る/痛くも痒くもない/痛痒を感じない/無関係/他人事/余所事/他事/余事/無縁/我関せず/関与しない/関知しない

TOP