文月/ふづき/ふみづき

意味

文月とは、旧暦7月の異称。

文月の語源・由来

文月の語源は、短冊に文字を書き、書道の上達を祈った七夕の行事に因み、「文披月」が転じたとする説が有力とされる。
その他、文月の語源には、旧暦7月が稲穂が膨らむであるため、「穂含月(ほふみづき)」「含月(ふくみづき)」からの転とする説。
稲穂の膨らみを見る月であるため、「穂見月(ほみづき)」からの転とする説もある。

文月の異名・類語

7月/July/文披月/七夜月/七夕月/愛逢月/涼月/女郎花月/めずら花月/蘭月/桐秋/秋初月/親月/相月//申月/申の月/建申月/初秋/新秋/孟秋/餞月/袖合月/盆秋/夷則

その他の月の名前

睦月如月弥生卯月皐月水無月葉月長月神無月霜月師走

TOP