文月/ふづき/ふみづき

    意味

    文月とは、旧暦7月の異称。

    文月の由来・語源

    文月の語源は、短冊に文字を書き、書道の上達を祈った七夕の行事に因み、「文披月」が転じたとする説が有力とされる。
    その他、文月の語源には、旧暦7月が稲穂が膨らむであるため、「穂含月(ほふみづき)」「含月(ふくみづき)」からの転とする説。
    稲穂の膨らみを見る月であるため、「穂見月(ほみづき)」からの転とする説もある。

    「文月」の異名・その他の月の名前
    「葉月」の由来・語源

    1

    2

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。