堂々巡り/どうどうめぐり

堂々巡りの意味

堂々巡りとは、同じような思考や議論が繰り返し、少しも先へ進まないこと。国会で議員が演壇上にある投票箱へ順々に投票することの俗称。

堂々巡りの由来・語源

堂々巡りは、信徒や僧侶が願い事を叶えるために、神社や寺のお堂の周りを何度も回る儀式のことを言った。
そこから、同じことを繰り返し続けることを「堂々巡り」と言うようになった。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。