お多福/阿多福/おたふく

意味

おたふくとは、顔立ちが丸くが前方に出ていて、頬が膨れた鼻の低いの面。阿多福面。おかめ醜い顔の女性を罵っていう語。「おたふく風邪」の略。

おたふくの由来・語源

おたふくは、多くの福を呼ぶ顔の女性という意味から、「多福」になったとする説が有力とされる。
おたふくの頬が膨れているため、「ふぐ」や「膨れる」と関連付ける説も多いが、「福」と「膨れる」を洒落ただけと考えられる。
は、おたふくのような顔立ちが、福を呼ぶ好ましい顔立ちとされていたが、美意識の変化から、不細工な女性を罵る語としても用いられるようになった。
お多福面に似ていることから名付けられたものには、「おたふく風邪」や「お多福豆」がある。


TOP