ブス/ぶす

    意味

    ブスとは、醜い。主に女性に対して使われる。醜女。

    ブスの語源・由来

    ブスは、漢字で「附子」と書き、トリカブトの塊根を意味する。
    漢方では、トリカブトの根を「付子(ぶし)」や「烏頭(うず)」と呼び、鎮痛・強心剤として用いられる。
    これには、猛毒となるアルカロイドが含まれているため、誤ってに含むと神経系の機能が麻痺し無表情になる。
    その無表情を「附子(ぶす)」と言うようになり、転じて醜い顔を「ブス」と言うようになった。
    また、「附子」には憎み嫌うものという意味もある。
    これもトリカブトの「付子」が、人から恐れられることに由来する。
    憎み嫌う意味の「附子」が転じて、醜い顔を「ブス」と呼ぶようになったとも考えられる。

    ブスの語源には、狂言に由来する説もあるが、狂言に出てくる「附子」もトリカブトの毒薬のことである。
    一般に「ブス」の語が広まるきっかけを作ったのが、狂言と考えられる。
    その他、ブスの語源には、ブスは女性に対して用いられるため、「不(ぶ)」と女性をさす隠語「助(すけ)」の略という説。
    「ぶすっと」や「不細工」からの派生し「ブス」になったとする説もある。
    しかし、狂言で用いられていた「附子」との関連性が見られないため、有力とされていない。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。