しょうがない

しょうがないの意味

しょうがないとは、他に良い手段がない。やむを得ない。→しょうもない

しょうがないの語源・由来

しょうがないは、本来「しようがない(仕様がない)」で、発音のしやすさから変化したもの。
「仕」は当て字で、動詞「為る(する)」の連用形「し」。
「仕様」は「するさま」のことで、方法や手段を意味した。
しょうがないは「手段や方法さえもない」という意味で使われていたが、手段がないことから諦めの意味として使われるようになった。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。