ダサい/ださい

ダサいの意味

ダサいとは、野暮ったいこと、洗練されていないことをいう俗語。

ダサいの語源・由来

ダサいは、「田舎」を「だしゃ」と読み、形容詞化した「だしゃい」もしくは「だしゃ臭い」が転じて、「ダサい」になったとする説が有力とされる。
しかし、方言で「だしゃー」と言うことはあっても、「田舎」を「だしゃ」と読む例が見当たらないことや、「ダサい」が使われ始めた1970年代には「間抜け」などの意味で使われていたため、不自然とも考えられている。
ただし、「間抜け」や「格好悪い」といった意味で罵る際、「田舎」を持ち出すことはあるため、この部分においては不自然ではない。

「だ埼玉」や「駄目な埼玉」が略され、「ダサい」になったとする説もある。
名詞の前に付いて粗末な意味を表す「駄」があるため、一見関連性もありそうだが、「ださいたま」の説は、タレントのタモリが埼玉県民をからかい、洒落で言ったため広まったものである。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。