テレコ/てれこ

    意味

    テレコとは、互い違いにすること。また、食い違いになること。あべこべ。主に、関西で用いられる。

    テレコの語源・由来

    テレコは、「を加える」という意味の「手入れ」に、接尾語の「こ」が付いた「手入れこ(ていれこ)」が変化した語。
    元は、歌舞伎で二つの異なる筋を一つにまとめ、多少の関連をもたせて一幕おきに交互に展開することを「てれこ」と言った。
    そこから転じて、互い違いになることを「てれこ」と言うようになった。
    「こ」は「交互」の略と解されることもあるが、接尾語と考えたほうが自然である。

    この言葉カタカナ表記されることが多いため、「テープレコーダー」を略した「テレコ」が語源で、A面とB面を間違えて入れることから「あべこべ」の意味になったとも言われるが、「テレコ(テープレコーダー)」よりも古くからある言葉なので間違いである。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。