断腸の思い/だんちょうのおもい

意味

断腸の思いとは、はらわたがちぎれるほどの悲しい思い。

断腸の思いの由来・語源

断腸の思いの「断腸」は、中国『世説新語(せせつしんご) 黜免(ちゅつめん)』の故事に由来する。
中国、晋の武将 桓温がで蜀へ行く途中、三峡を渡ったとき、従者が子猿を捕らえて船に乗せた。
母猿が連れ去られた子猿の後を岸伝いで追い、百里あまり行ったところで船がに近づくと、母猿は船に飛び移ったが、そのまま死んでしてしまった。
母猿のを割いてみると、腸(はらわた)がずたずたに断ち切れていた。
この故事から、腸がちぎれるほどの耐え難い悲しみを「断腸」や「断腸の思い」などと言うようになった。


TOP