月/つき

月の意味

月とは、地球の衛星。太陽の光を受けて輝く。一年を12で分けた区分。一ヶ月。

月の由来・語源

月の語源には、太陽に次いで光り輝くことから「つぎ・つく(次)」の意味とする説や、月に一度輝きが尽きるところから「つき(尽き)」とする説がある。
月は信仰の対象で、特に満月が信仰されていたことから、「尽き」の説は考え難い。
語源は未詳であるが、古くから太陽と対をなすものとされており、夜に光り輝き、生活面にも大きな影響があったことから、「つぎ・つく(次)」の説が有力である。

「月」の類語・別名

1

2

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。