長月/ながつき

長月の意味

長月とは、陰暦で九月のこと。

長月の由来・語源

長月の語源は諸説あり、新暦の十月上旬から十一月の上旬にあたり、夜がだんだん長くなるで「夜長月(よながつき)」の略とする説。
が多く降る時季であるため、「長雨月(ながめつき)」からとする説。
「稲刈月(いなかりづき)」「稲熟月(いなあがりつき)」「穂長月(ほながづき)」の約や、を刈り収める時期のため、「長」は稲が毎年実ることを祝う意味からといった説。
「名残月(なこりのつき)」が転じたとする説などがある。
この中でも「夜長月」の略とする説は、中古より広く信じられている説で最も有力とされている。

1

2

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。