てっさ

てっさの意味

てっさとは、ふぐ刺身。ふぐ刺し。

てっさの由来・語源

てっさは、「鉄の刺身」から「しみ」を略し、「鉄」を促音化した言葉である。
鉄は「ふぐ」のことだが、てっさは「鉄のように硬い刺身」という意味ではない。
ふぐには猛毒があり、「当たると死ぬ」という意味から「鉄砲」と呼ばれる。
その「鉄砲」の略称が「鉄」なので、「鉄の刺身」。
さらに変化して、「てっさ」となったのである。
同様に、ふぐのちり鍋は「てっちり」という。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。