偶さか/適さか/たまさか

意味

たまさかとは、偶然。たまたま。希に。たまに。

語源・由来

たまさかの「たま」は、滅多にないこと・希なことを意味する「たま」や「たまたま」と同源。
たまさかの「さか」は、「おろそか(疎か)」や「おごそか(厳か)」の「そか」と同系で、状態を表す接尾語と思われる。
接尾語が「さか」と「そか」で異なるのは、前の音が関係するものであろう。
「おろそか」や「おごそか」の接尾語「そか」は、その前の2音が「O(おろ、おご)」なので、接尾語も「O(そ)」に。
たまさかの接尾語「さか」は、前の2音が「A(たま)」なので、「A(さ)」になったのであろう。

類語・言い換え

偶然であるさまのたまさか

たまたま/偶然に/どうかして/思いがけず/都合よく/丁度よく/折よく/運よく/理由もなく/予期せず/期せずして/ひょっこり/不意に/偶発的に/意図せず/図らずも/ゆくりなく/何気なく/何の気なしに

機会が数少ないさまのたまさか

たまに/時たま/希に/時折/時々/滅多に/珍しく

TOP
テキストのコピーはできません。