兎に角/とにかく

意味

兎に角とは、何はともあれ。さておき。

兎に角の語源・由来

兎に角は「とかく」の当て字「兎角」を真似た当て字で、仏教語の「兎角亀毛」からと考えられる。
ただし、兎角亀毛の意味は、うさぎに角やカメには存在しないことから、現実にはあり得ないもののたとえとして用いられたり、実際に無いものを有るとすることをいったもの。
意味の面では、「とにかく」や「とかく」と「兎角亀毛」に関連性は無く、単に漢字を拝借したものである。
この当て字は、夏目漱石が多用したことで広く用いられるようになった。

とにかくは、平安時代から江戸時代まで「とにかくに」の形で用いられていた。
とにかくの「と」は「そのように」、「かく」は「このように」で、いずれも副詞。
「あれこれと」「何やかや」といった意味で用いられ、転じて「いずれにせよ」などの意味になった。

兎に角の類語・言い換え

何はともあれ/何しろ/いずれにしても/いずれにせよ/すべからく/良くも悪くも/何がさて/ともかく/ともあれ/ともかくも/かにかくに/かにもかくにも/とにもかくにも/さておき/どうあれ/何によらず/何でもいいから/とりあえず/まあまあ/少なくとも/まずは/どうせ

TOP