噴飯もの/噴飯物/ふんぱんもの

意味

噴飯ものとは、おかしくてたまらない出来事。笑いものになるような、みっともない事柄。

噴飯ものの由来・語源

噴飯は、食べかけのを思わず噴き出すという意味から、おかしくてたまらず、吹き出して笑うことを意味する。
それに「もの(物)」の付いた「噴飯もの」は、食べかけの飯を噴き出してしまうような、おかしくてたまらないことや、笑いの種になるような、みっともないことの意味となる。

噴飯ものが「腹立たしいこと」の意味で使用されることも多い。
このような誤用は、「噴」の字が「憤り」と似ていることや、勢いよく外に吹き出すことを表す漢字で、笑いの印象が薄いことからと思われる。

「噴飯もの」の類語・言い換え

1

2
TOP