しょうもない

    意味

    しょうもないとは、つまらないくだらない

    しょうもないの由来・語源

    しょうもないは、本来「しようもない(仕様もない)」で、発音のしやすさから変化したもの。
    「仕」は当て字で、動詞「為る(する)」の連用形「し」。
    「仕様」は「するさま」のことで、方法や手段を意味した。
    しょうもない(しようもない)は、手段や方法がないことを行おうとしたり、考えたりするのは無駄なことなので、「つまらない」を意味するようになった。
    江戸時代以降には、当て字で「性もない」と書かれた例も見られる。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。