退屈/たいくつ

    意味

    退屈とは、することが何もなくて時間を持て余すこと。飽きること。つまらないこと。いやになること。

    退屈の由来・語源

    退屈は元々仏教用語で、修行の苦難に疲れ果て、気持ちが後退し、精進の気力が萎えて屈することを表した。
    そこから、退屈は疲れて嫌になることを意味するようになった。
    疲れ果てて何もしなくなると、暇を持て余したり、つまらなくなったりすることから、退屈は時間を持て余すことや飽きることを意味するようになった。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。