ライチョウ/雷鳥/らいちょう

ライチョウの意味

ライチョウとは、キジ目キジ科ライチョウ属のの羽色は褐色、になる。日本では中部地方の高山に生息。特別天然記念物。

ライチョウの由来・語源

平安時代末から「ライノトリ」、江戸時代から「ライチョウ」と呼ばれるようになった。
ライチョウの語源には、天敵を避けるためカミナリが鳴るようなに活発に活動することから、「雷の鳥」になったとする説。
火難、雷難除けの信仰と結び付けられ、「雷の鳥」と呼ばれるようになったとする説。
山中でカミナリが鳴ると、雷獣を捕らえて食べるという言い伝えからなどがある
しかし、ライチョウがカミナリと結び付けて考えられるようになったのは江戸時代以降のことなので、「ライノトリ」を「雷の鳥」とするのはおかしい。
ライチョウは「レイチョウ(霊鳥)」とも呼ばれていたことから、本来は「霊の鳥(らいの鳥)」で、のちにカミナリと結び付けられ「雷鳥」になったと考えられる。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。