巾着/きんちゃく

    意味

    巾着とは、などで作った、中に小物や金銭を入れる小さな袋。にはが通してあり、その紐で口をくくる。巾着袋。江戸時代の俗語で「私娼」。

    巾着の由来・語源

    巾着の「巾」は、「頭巾(ずきん)」や「布巾(ふきん)」にも用いられる語で、「布切れ」の意味。
    肌身に着けて携帯する布切れ(袋)なので、「巾着(巾着袋)」と言うようになった。
    巾着は、火打ち道具を入れた火打ち袋が変化したものといわれ、古くは金銭のほか、お守りや、印章なども入れられていた。
    江戸時代には専門の巾着師によって、革やラシャ、高級織物などの華美なものが作られたが、明治に入り、西洋の服が着られるようになったことや、がま口や財布が普及したことから廃れていった。
    娼婦が稼いだをこれに貯めていたから、また巾着に入る程度の金しか稼げない娼婦の意味から、江戸時代の俗語で「私娼」を指す言葉としても「巾着」は使われた。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。