薬/くすり

意味

薬とは、病気やを治療したり、健康の保持や増進のために、飲んだり塗ったり注射したりするもの。医薬品。

薬の由来・語源

古く、薬は「霊妙なもの」「特別な能力を与えるもの」「不思議なもの」といった意味で、生命の維持に特別な力を持つものとされていた。
そのため、「霊妙だ」「神秘的だ」という意味の形容詞「奇し(くすし)」と同源と考えられている。
また、草根木皮の漢方薬が中心であったことから、「くさ)」を「くすり」の語源とする説もあり、「草」の語根に「奇し」の意味が加わったともいわれる。
薬の起源は、太古、帝王であった神農(しんのう)が、百草をなめて医薬の法を教えたものとされるが、中国の古伝説中の帝王であるため定かではない。

【関連リンク】
「市販薬」と「処方薬」の違い
「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」の違い
「薬局」「薬店」「ドラッグストア」の違い


TOP