蛍雪の功/けいせつのこう

    意味

    蛍雪の功とは、苦労して勉学に励んだ成果。

    蛍雪の功の由来・語源

    蛍雪の功の「蛍雪」は、苦労して勉学に励むことを意味し、「功」は成し遂げた仕事や功績を意味する。
    「蛍雪」が苦労して勉学に励む意味となった由来は、晋の時代の歴史を記した中国の史書『晋書(車胤伝)』にある以下の故事による。

    中国の晋の時代に、車胤(しゃいん)と孫康(そんこう)という二人の青年がいた。
    二人は官吏を志望していたが、夜に読むための灯火の買うこともできないほど、共にが貧しかった。
    そこで車胤は、の夜にを数十匹つかまえて絹の袋に入れ、蛍の光で本を読んで勉強し、孫康はの夜に窓辺にを積み上げて、雪の明かりで勉強し続けた。
    二人の努力は報われて、のちに高級官吏に出世した。
    この故事にある「蛍」と「雪」から、「蛍雪」という言葉が生まれた。

    この故事に由来する四字熟語や慣用句には、「蛍雪の功」以外にも「蛍窓(けいそう)」「蛍窓雪案(けいそうせつあん)」「雪案蛍窓(せつあんけいそう)」「雪窓蛍机(せきそうけいき)」「車胤聚蛍(しゃいんしゅうけい)」「孫康映雪(そんこうえいせつ)」などがある。

    卒業式によく歌われ、パチンコ屋などの閉店の音楽として使われる『蛍の光(螢の光)』の歌詞「蛍の光 窓の雪」も、この故事に基づくものである。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。