勉強/べんきょう

意味

勉強とは、学問や技芸を学ぶこと。経験を積んで学ぶこと。物事に精を出すこと。努力すること。商品を値引きして安く売ること。

勉強の語源・由来

勉強は「勉め強いる」と書くように、本来は気が進まないことを仕方なくする意味の言葉であった。
商人が頑張って値引きをする意味の「勉強」は、江戸時代から使われており、学問や技芸を学ぶ意味の「勉強」よりも古い
明治以降、知識を得るために努力することが美徳とされるようになったことから、「勉強」は「学習」とほぼ同じ意味で使われるようになり、一般的に「学習」を意味するようになった。

勉強の類語・言い換え

勉学/学習/学び/学修/修学/修文/習い/学業/学/学問/稽古/修道/修業/修行/修養/参学/修習/履修/研修/研学/研究/予習/下調べ/復習/おさらい/独学/独習/独り学び/ガリ勉/勤勉/博学篤志/高鳳漂麦/韋編三絶/朱墨爛然/恪勤精励/精励恪勤/鉄硯磨穿/白首窮経/鞭辟近裏/苦学/蛍雪の功/蛍雪/蛍の光窓の雪/蛍窓雪案/雪案蛍窓/雪窓蛍机/車胤聚蛍/孫康映雪/車蛍孫雪/嚢蛍映雪/断薺画粥/懸頭刺股/刺股懸頭/苦学力行/昼耕夜誦/鑿壁読書/匡衡鑿壁/匡衡壁鑿/鑿壁偸光/穿壁引光/円木警枕/精励刻苦/刻苦勉励/困知勉行

勉強するの類語・言い換え

学問や技芸を勉強する

学ぶ/習う/修める/修する/研鑽を積む/経験を積む/に入れる/韋編三度絶つ/鞭辟して裏に近づく/薺を断ち粥を画す/頭を懸け股を刺す/昼は耕し夜は誦す/壁を鑿ちて光を偸む/壁を穿ちて光を引く

商売で勉強する

安くする/値引く/値引きする/ディスカウントする/割り引く/割引する/サービスする/おまけする/負ける/おまけを付ける

TOP