薹が立つ/とうがたつ

薹が立つの意味

薹が立つとは、若い盛りの時期が過ぎる。年頃を過ぎる。

薹が立つの由来・語源

「薹」は「ふきのとう」と言うように、フキやアブラナなどをつける茎の「花茎」のこと。
薹が伸びると硬くなり、食べ頃を過ぎてしまう。
そこから、野菜などの花茎が伸びて、食用に適する時期を過ぎたことを「薹が立つ」と言うようになり、人間にも当てはめて用いられるようになった。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。