青菜に塩/あおなにしお

青菜に塩の意味

青菜に塩とは、が気力や元気をなくして、しょげるさま。

青菜に塩の由来・語源

青菜に塩の「青菜」は、ほうれん草小松菜など緑色の葉菜のこと。
生き生きした新鮮な青菜でも、をふりかけると水分を失ってしおれてしまうことから、急にしょげるさまを「青菜に塩」と言うようになった。
青菜に塩は、元気のあった人が急に勢いをなくすことをいう言葉なので、最初から元気のなかった人や、悪いことが重なったため気力をなくした場合には用いない。
類句には「なめくじに塩」、同意句には「青菜を湯につけたよう」がある。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。