曙/あけぼの

意味

あけぼのとは、夜明け。夜がほのぼのと明け始める頃。新しい時代が始まったり、新しく事態が展開しようとする時。

あけぼのの語源・由来

あけぼのは「あけ(明)」と「ほの(ぼの)」の語構成。
「ほのぼのあけ(仄々明け)」とも言うように、「ほの」は「ほのぼの」「ほのか」などと同源で、夜が明け始め、の空がほのかに明るんでくる状態が「あけぼの」である。
古くは、あかつきの終わり頃や、朝ぼらけの少しの時間をいった。

漢字の「曙」は、「」+音符「署(しょ)」である。
この「署」には原義の「文書を集めておく役所」という意味はなく、「曙」は日光が明るくなることを表した会意文字である。

あけぼのの類語・言い換え

夜明け/明け方/夜明け方/明け/あかつき東雲/かわたれ時/暁方/早暁/払暁/朝ぼらけ/朝明/引き明け/有明/黎明/天明/晨明/旦明/遅明/平明/爽昧/昧爽/昧旦/平旦/の刻/分暁/暁更/暁旦/暁天/鶏旦/鶏鳴/初鶏/一番鶏/二番鶏/残更/残夜/朝月夜

TOP