塞翁が馬/さいおうがうま

    意味

    塞翁が馬とは、人間の吉凶・禍福は変転し、予測できないことのたとえ。また、だから安易に喜んだり悲しむべきではないということ。「人間万事塞翁が馬」とも。

    塞翁が馬の由来・語源

    塞翁が馬の「塞翁」とは、北方の「砦・塞(とりで)」に住むとされた老人(翁)のことで、出典は中国前漢時代の思想書『淮南子(えなんじ)』「人間訓」の以下の故事から。
    昔、中国の北方の塞に占いの得意な老人(塞翁)が住んでいた。
    ある日、塞翁が飼っていたが逃げてしまったので、人々が慰めに行くと、塞翁は「これは幸いになるだろう」と言った。
    数ヵ月後、逃げた馬は立派な駿馬(しゅんめ)を連れて帰ってきたので、人々がお祝いに行くと、塞翁は「これは災いになるだろう」と言った。
    塞翁の息子が駿馬に乗って遊んでいたら、落馬しての骨を折ってしまったので、人々がお見舞いに行くと、塞翁は「これは幸いになるだろう」と言った。
    一年後、隣国との戦乱が起こり、若者たちはほとんど戦死したが、塞翁の息子は足を骨折しているため兵役を免れてが助かった。
    この故事から、「幸(福・吉)」と思えることが、後に「不幸(禍・凶)」となることもあり、またその逆もあることのたとえとして「塞翁が馬」と言うようになった。
    また、「人間のあらゆること(人間の禍福)」を意味する「人間万事」を加えて、「人間万事塞翁が馬」とも言う。

    「塞翁が馬」の類語・言い換え

    1

    2

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。