キンポウゲ/金鳳花/きんぽうげ

意味

キンポウゲとは、キンポウゲ科の双子葉植物の総称。温帯・亜寒帯に分布。有毒のものが多い。ウマノアシガタの別名。

キンポウゲの由来・語源

キンポウゲは、漢名「金鳳花」の字音に由来する。
黄色い八重咲きのを「金色の鳳(おおとり)」と形容したものである。
キンポウゲの花は小さく、「鳳」と呼ぶにはふさわしくないようにも思えるが、「鳳」は黄色い花に対する賞賛の意味を込めたものであろう。


TOP