ヤンキー

    意味

    ヤンキーとは、不良っぽい若者。アメリカ人。

    ヤンキーの語源・由来

    南北戦争当時、アメリカ南部で北軍の兵士や北部諸州人を軽蔑した呼び方が「Yankee」であった。
    のちに「ヤンキー」は、アメリカ人全体を指す言葉となった。

    日本で不良っぽい若者を「ヤンキー」と呼ぶようになったのは、大阪難波の「アメリカ村」と呼ばれる地域からである。
    1970年代から80年代にかけ、アメリカ村で買った派手アロハシャツや太いズボンを履いて、繁華街をウロウロする若者を「ヤンキー」と呼ぶようになった。
    やがて、不良少年全般を「ヤンキー」と呼ぶようになり、西日本を中心に全国に広まった。
    単にアメリカ風ファッションから、「ヤンキー」と呼ぶようになったのではなく、彼等が語尾に「~やんけ」を連発していたことから、「やんけ」とアメリカ人を指す「ヤンキー」が合わさったとも考えられている。

    全国にこの語が広まったのは、1983年、嘉門達夫の『ヤンキーの兄ちゃんのうた』のヒットによると言われる。
    しかし、それ以前から若者の間では、全国的に使われていた言葉である。
    「ヤンキー」の語が幅広い層に認知された要因のひとつとして、『ヤンキーの兄ちゃんのうた』のヒットがあったとする方が正しい。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。