土左衛門/どざえもん

土左衛門の意味

土左衛門とは、水死体。溺死者。

土左衛門の由来・語源

土左衛門の語源は、享保年間の力士 成瀬川土左衛門が、色白で相当太っていたため、の膨れ上がった水死体をふざけて「土左衛門のようだ」と喩えて言っていたものが定着していったとされる。
この説は、山東京伝の随筆『近世奇跡考』によるものだが、こじつけとの見方もある。

その他、肥大漢を「土仏(どぶつ)」と言ったことから、「どざえもん」に転じたとする説。
に落ちる「ドブン」というが「どざえもん」に転じたとする説などあるが、正確な語源は未詳である。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。