嗽/うがい

    意味

    うがいとは、に含み、や口の中をすすいで吐き出すこと。

    うがいの語源・由来

    うがいは、岐阜県長良川の鮎漁で有名な「鵜飼」が語源である。
    鵜飼は、かがり火を焚いてアユなどのを近寄らせ、鵜に魚を水中で飲み込ませた後、引き上げて魚を吐かせる。
    口に水を含んで吐き出す姿が、鵜飼で魚を吐き出す鵜に似ていることから、「うがい」と呼ばれるようになった。
    1444年の国語辞書『下学集』には、「鵜飼(うがひ)嗽(くちすすく)也」とある。
    また「鵜飼」の読みは「うかい」だが、「うがい」とも読まれる。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。