太鼓判を押す/太鼓判を捺す/たいこばんをおす

    意味

    太鼓判を押すとは、その人物や品物が確実によいものであると保証をする。

    太鼓判を押すの由来・語源

    太鼓判とは、太鼓のように大きい印判のこと。
    転じて、確実であるという保証を意味するようになった。
    印判の大きさを強調するために「太鼓」が使われたのは、江戸時代以前に甲州で作られた一分金の「太鼓判」が影響したといわれる。
    この一分金は、丸形で周りに小さな丸印が装飾され、太鼓の皮留めに似ていることから「太鼓判」といった。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。