お墨付き/おすみつき

    意味

    お墨付きとは、権力や権威のあるが与える許可や保証。

    お墨付きの語源・由来

    お墨付きは、室町時代・江戸時代、将軍や大名から臣下に与えた領地を後日の証拠として保障・確認する文書のことを指した。
    その文書が「お墨付き」と呼ばれた由来は、署名や署名を図案化した「花押」が、で記されていたことによる。
    ここから、権力や権威のある人が与える保証を「お墨付きを与える」、その保証を貰うことを「お墨付きをもらう(得る)」と言うようになった。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。