菓子/かし

    意味

    菓子とは、食事のほかに食べる嗜好品。お菓子。

    菓子の由来・語源

    菓子は、漢語で「果物」を意味した語。
    中国で「菓」と「果」は同字であるが、植物を強調するために「菓」の字が使われた。
    日本でも近世頃までは、菓子を「果物」の意味として使っていた。
    しかし、平安時代に、小麦粉を練って揚げた唐菓子やなどが、中国から入ってきた。
    室町時代には、茶菓子として出される甘い菓子が作られるようになり、外郎饅頭も入ってきたため、食事以外の間食の全てを指す言葉として「菓子」が使われるようになった。
    まだこの当時は、果物にも「菓子」が使われていたが、江戸時代に入ると、嗜好品の菓子と果物を区別するため、果物を「水菓子」と呼ぶようになり、菓子から「果物」の意味が無くなった。

    【関連リンク】
    「お菓子」と「駄菓子」の違い – 違いがわかる事典

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。