二番煎じ/にばんせんじ

意味

二番煎じとは、にあったものを模倣し、新鮮味に欠けること。焼き直し。

二番煎じの由来・語源

煎じとは、お茶やを煮詰めて成分を取り出すこと。
二番煎じは、一度煎じたものを再び煎じることや、その煎じたもののことで、一度目に煎じたものよりも、二度目に煎じたものは成分が弱く、味が薄い
そこから二番煎じは、前にあったことを繰り返しただけで、新味のないもののたとえとなった。
ただの模倣でつまらないことを表す言葉なので、新鮮さがあったり、一番目のものより価値が高い場合に「二番煎じ」を用いるのは間違いである。


TOP