がらんどう

意味

がらんどうとは、中に何もなく広々していること。誰もいないこと。また、そのさま。

がらんどうの由来・語源

がらんどうの語源には、寺院の中で伽藍神を祭ってある堂の「伽藍堂(がらんどう)」に由来し、伽藍堂の中は何も無くて広々としていることからとする説がある。
また、「がらん」「からん」「からっ」「からから」などの擬態語からや、「から(空・殻)」が転じたとする説もある。
擬態語の「がらん」の語源も「伽藍」とする説もあるが、「がらん」に似た音の擬態語が他に多くあることから考え難い。
がらんどうの語源は未詳であるが、擬態語の「がらん」に空間を表すため「伽藍堂」と掛けて、「がらんどう」になったと考えるのが妥当である。

「がらんどう」の類語・言い換え

1

2

TOP