弘法にも筆の誤り/こうぼうにもふでのあやまり

    意味

    弘法にも筆の誤りとは、その道に長じたでもには失敗することがあるというたとえ。

    弘法にも筆の誤りの由来・語源

    弘法とは嵯峨天皇、橘逸勢と共に平安時代の三筆の一人に数えられる弘法大師(空海)のこと。
    その弘法が天皇の命を受けて応天門の額を書いたが、「応」の字の「」の一番上の点をひとつ書き落とした。
    そこから、弘法のような書の名人でさえ書き損じることもあるものだと、失敗した際の慰めとして、「弘法にも筆の誤り」と使われるようになった。
    ただし、弘法は書き損じた額を下ろさず、を投げつけて見事に点を書いていることから、本来この句には、「弘法のような書の名人は直し方も常人とは違う」といった称賛の意味も含まれている。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。