泡を食う/あわをくう

    意味

    泡を食うとは、ひどく驚き慌てる。

    泡を食うの由来・語源

    泡を食うの「泡」は、「あわてる(慌てる)」の「あわ」に「泡」を掛けたもの。
    泡を食うの「食う」は、「肩透かしを食う」や「門前払いを食う」などと同じく、他から好ましくない行為を受けることを意味する。
    「泡」と「食う」を合わせた「泡を食う」は、ひどく慌てさせられる事態に遭遇する意味になる。
    「慌てる」の語源には「泡立つ」に由来する説があるため、泡は「あわてる」の「あわ」と掛けたものではないとの見方もあるが、「泡立つ」の説は不確かであることや、「泡を食う」の語が見られる江戸後期より遥かに「慌つ」の語が成立していることから、泡は「慌てる」の「あわ」と掛けたものと見て間違いない。

    「泡を食う」の類語・言い換え

    1

    2

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。