寿司/鮨/鮓/すし

    意味

    すしとは、で味付けしたに、魚介類などの具をのせたり、混ぜ合わせたりした食品。

    すしの由来・語源

    すしの語源は、「酸っぱい」を意味する形容詞「酸し(すし)」の終止形。
    古くは、魚介類をに漬け込み自然発酵させた食品を「すし」といい、発祥は東南アジア山間部といわれる。
    「酢飯(すめし)」の「め」が抜け落ちて、「すし」になったとする説もある。
    しかし、飯と一緒に食べる「生成(なまなれ)」や、押し鮨の一種である「飯鮨(いいずし)」は、上記の食品が変化し生まれたもので、時代的にもかなり後になるため、明らかな間違いである。

    すしの漢字には、「鮓」「鮨」「寿司(寿し)」がある。
    「鮓」は塩や糟などに漬けたや、発酵させた飯に魚を漬け込んだ保存食を意味したことから、すしを表す漢字として最も適切な字である。
    「鮨」の漢字は、中国で「魚の塩辛」を意味する文字であったが、「鮓」の持つ意味と混同され用いられるようになったもので、「鮓」と同じく古くから用いられている。
    現代で多く使われる「寿司」は、江戸末期に作られた当て字で、「寿を司る(つかさどる)」という縁起担ぎの意味のほか、賀寿の祝い言葉を意味する「寿詞(じゅし・よごと)」に由来するとの見方もある。

    【関連リンク】
    「寿司」「鮨」「鮓」の違い – 違いがわかる事典

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。