四六時中/しろくじちゅう

意味

四六時中とは、一日中。いつも。

四六時中の由来・語源

四六時中は、元々「二六時中」と言われていた。
二六時中は、一日の時間を「の刻」「の刻」など、干支の十二刻で表していた江戸時代の使われ方である。
2×6で12となるため、一日中を意味していた。
四六時中は、その「二六時中」を現代の一日の時間(24時間)に合わせ、4×6の24時間としたものである。

「四六時中」の類語・言い換え

1

2

TOP