浮き足立つ/浮足立つ/うきあしだつ

意味

浮き足立つとは、不安や恐れで落ち着きを失う。逃げ腰になる。浮き足になる。俗に、期待や喜びで浮かれ、落ち着かずにそわそわする。

浮き足立つの由来・語源

浮き足立つの「浮き足」は、かかとが地についていない爪先立ちのこと。
この状態で立つと不安定なことから、落ち着かない態度や逃げ出しそうになることを「浮き足」と言うようになった。
爪先立ちの状態をいう「浮き足」は室町時代から見られ、不安で落ち着かない様子や状態を意味するようになったのは、江戸時代後期からである。
現代では「浮き足」を単独で使うことは少なく、「浮き足立つ」や「浮き足になる」の使用が多い。
近年、地にがついていない状態のイメージから、浮き足立つを「ウキウキして落ち着かなくなる」といった意味で誤用されるようになり、現在ではこの意味で使用するの方が多くなっている。


TOP