火中の栗を拾う/かちゅうのくりをひろう

    意味

    火中の栗を拾うとは、他人の利益のために、あえて危険を冒すことのたとえ。

    火中の栗を拾うの由来・語源

    火中の栗を拾うという喩えは、17世紀のフランスの詩人ラ・フォンテーヌが、『イソップ物語』を基にした寓話に由来する。
    その寓話とは、におだてられたが、囲炉裏の中のを拾ったが、猫は大やけどしただけで、栗は猿に食べられてしまったというである。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。