急がば回れ/いそがばまわれ

急がば回れの意味

急がば回れとは、急ぐときには危険な近道より、遠くても安全な本道を通るほうが結局早い。安全で着実な方法を取れという戒め。

急がば回れの由来・語源

急がば回れの語源は、宗長(室町時代の連歌師)の「もののふの矢橋のは速けれど急がば回れ瀬田の長橋」である。
「もののふ」とは武士、「矢橋の船」とは矢橋の渡し船を意味する。
「矢橋の渡し」とは、東海道五十三次草津宿(滋賀県草津市矢橋港)~大津宿(大津市石場港)を結んだ湖上水運で、「瀬田の長橋」とは、日本三大名橋のひとつ「瀬田の唐橋」である。
当時、京都へ向かうには、矢橋から琵琶湖を横断する海路の方が、瀬田の唐橋経由の陸路よりも近くて速いのだが、比叡山から吹き下ろされる突風(比叡おろし)により危険な航路だったため、このような歌が歌われた。

瀬田の唐橋

急がば回れの語源となった「瀬田の唐橋」

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。