バウムクーヘン/Baumkuchen

バウムクーヘンの意味

バウムクーヘンとは、・バター・小麦粉・砂糖・コーンスターチなどを混ぜ合わせた生地を、心棒に薄く塗りつけて回転させながら焼くことを繰り返し、層状に作った菓子。バームクーヘン。

バウムクーヘンの語源・由来

バウムクーヘンは、ドイツ語「Baumkuchen」からの外来語。
「Baumkuchen」の「baum」は「」、「kuchen」は「菓子」を意味し、輪切りにすると木の年輪のような模様になるのでこの名がある。
「baum」の発音は「バーム」よりも「バウム」の方が近いが、日本では「バームクーヘン」と呼び、表記も「バームクーヘン」とされることが多い。
これは「バウム」と聞き取れないのではなく、日本人にとって「バウム」よりも「バーム」の発音の方が簡単なためである。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。